きっかけに

証券会社というのはどういう会社なのか、というところから説明すると・・・簡単にいえば株取引のために利用する会社です。
株取引は世間一般で「株」と呼ばれるものであり、これまた簡単にいえば株を安い時に買って高くなったら売るという方法で利益を出すビジネスです。
簡略化して書くと「簡単じゃないか」と思うかもしれませんが、これはかーなーり簡単に説明しているため、実際はもう少し手間がかかります・・・。

さて、そんな風にしか関わりのなかった証券会社ですが、どうやらもう少し身近な存在となるようです。
それはNISAという制度が2014年にスタートするからなんですね。
NISAとは日本語名は少額投資非課税制度というシステムです。文字を見たらだいたいの予想はつくかもしれませんね。
証券会社で扱う「株」は別名「投資」とも言います。会社の株を買うということは会社に投資しているのと同義だからです。
そして、「少額投資」というのは企業向けではなく、一般家庭向けに証券会社で独自に設定された少額株を指します。
つまり、NISAは一般家庭に向けた新たなサービスなのです。

NISAを今のうちに勉強しておけば、今後利益を上げる上で大きなメリットとなるでしょう。
このサイトではそのお勉強のお手伝いをさせていただけたらなと思っております。ぜひご一読ください。
この機会に証券会社の利用を始めてみるのもいいと思いますよ。
このNISAという新しい制度を利用すればもっとお得に生活にうるおいを与えることができるのですから・・・。